マンション管理会社を探すときはランキングを参考にしてみよう

家

投資するなら知っておこう

一軒家

生命保険としても使える

大阪にあるマンションを購入すると収益を上げる事ができます。しかしそれだけではなく、生命保険としても使えるのです。これはどういうことかというと、マンション経営は団体信用生命保険が組み込まれます。大阪の収益物件を経営しているオーナーが万が一死亡したり高度障害に陥った時、効果を発揮するのです。マンションのローンは保険によって精算でき、家族には借金が残りません。しかも借金無しの状態でマンションを残せるのです。そして以前と同じように収益を上げられるので、働かなくても生活費を稼げます。通常の保険だと保険料を支払う必要がありますが、こちらは毎月の保険料負担がないのです。なのでマンション経営は財産としても使える優れものとなっています。

イールドギャップ

大阪には数多くの収益物件があります。どれも結構な値段がするので一括で購入するのはかなり難しいといえるでしょう。そういう時に利用できるのが銀行になります。銀行では収益物件を購入するときに融資をしてもらえるのです。これは企業融資になるので意外とスムーズに貸してくれます。その時にイールドギャップを知っておくと便利です。イールドギャップは年間の利回りと借入金額の金利の差になります。利回りが7%で金利が3%ならば、その差の4%がイールドギャップです。借金を返すまではイールドギャップが実際の収益となっています。これを見ておけば大阪の収益物件を購入した後に、借入金返済までどれくらいの収益が出るのか予測できるのです。